電機労組、ベア2000円要求

コロナ拡大、前年比減額

©一般社団法人共同通信社

透明の仕切りを挟んで、社の幹部と春闘交渉に臨む日立労組幹部(右)=18日午後、東京都千代田区

 日立製作所やパナソニックなど電機大手の労働組合は18日、2021年春闘の要求書を経営側に提出し、労使交渉を始めた。賃金水準を底上げするベースアップ(ベア)はそろって月額2千円を求めた。前年要求に比べ千円の減額となる。新型コロナウイルス感染拡大を考慮したとみられる。ただベア要求見送りが相次いだ自動車や重工大手に比べ、電機の業績は比較的堅調で要求を維持した。

 日立労組は在宅勤務や感染予防にかかる費用の補填1人5万円、1日当たり250円の在宅勤務手当新設を求めた。日立は既に月3千円の感染対策手当を支給。NEC労組は在宅勤務の電気代などを精算できるよう交渉する。