JR東、ホームにシェアオフィス

中央線西国分寺と三鷹駅、全国初

©一般社団法人共同通信社

駅ホームのシェアオフィスのブースのイメージ図(JR東日本提供)

 電車が来るまで、ひと仕事―。JR東日本は18日、中央線快速の西国分寺駅と三鷹駅のホームにシェアオフィスのブースを開設すると発表した。ホームでの設置は全国初としている。電車待ちの時間を有効活用できるとアピールしつつ「駆け込み乗車はご遠慮を」と呼び掛けている。

 JR東によると、25日に西国分寺駅で、3月25日に三鷹駅でそれぞれオープン予定。ブースは完全個室と半個室の2パターンがある。会員登録が必要で15分250円(税抜き)。午前7時半から午後9時まで利用できる。

 JR東は2023年度までに東日本を中心に全国で千カ所のシェアオフィス開業を目指す。