コロナ感染1億1千万人超

増加は鈍化、5週連続減少

©一般社団法人共同通信社

 【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が18日、世界全体で1億1千万人を超えた。世界保健機関(WHO)によると1週間当たりの新規感染者数は、過去最多となった1月10日付の集計では495万人に上ったが、その後は5週連続で減少し、今月14日付集計では272万人とほぼ半減するなど増加は鈍化している。

 大規模な感染が世界中で続いている状況に変わりはなく、死者も240万人台に上っている。WHOで緊急事態対応を統括するライアン氏は「勝利宣言するには程遠い」と指摘、感染拡大防止策の徹底を呼び掛けている。