接種の医療者百万人増加

470万、高齢者と並行

©一般社団法人共同通信社

 河野太郎行政改革担当相は18日夜のTBS番組で、新型コロナウイルスのワクチンを接種する医療従事者について、推計370万人から「100万人ぐらい増える状況だ」と明らかにした。約100万人を加えた医療従事者約470万人に対する2回目の接種と並行し、65歳以上の高齢者接種を4月中に開始する方針だと説明した。

 これまで高齢者接種は、医療従事者への2回目の接種を終えた後に始めるとしてきた。4月中の接種開始を先送りしないようにするため、並行という形を取る。「(4月中の)どこかの時点でゆっくりと立ち上げ、じわじわと広がる形で始めたい」と述べた。