W杯予選のミャンマー戦延期

3月に開催予定、代替日は未定

©一般社団法人共同通信社

 日本サッカー協会は19日、横浜市の日産スタジアムで3月25日に行われる予定だったワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選のミャンマー戦の延期を発表した。代替日は未定。

 延期はミャンマー連盟が要望し、アジア連盟(AFC)が承認した。ミャンマーは軍事クーデターが起きているが、オンラインで取材対応した日本協会の反町康治技術委員長は「理由はよく分からない」と話した。3月30日のモンゴル戦(千葉・フクダ電子アリーナ)は予定通り実施される。

 反町委員長によると、AFCは6月15日までに2次予選の全日程を終えるよう指示している。