教頭が「暇な先生は誰?」クイズ

忘年会で出題、堺市教委が処分

©一般社団法人共同通信社

 堺市教育委員会は19日、「一番暇な先生は誰?」と休み時間中の児童に聞き、教職員の忘年会でクイズとして出題するなどしたのは、パワハラに当たるとして、市立小学校の女性教頭(51)を戒告の懲戒処分にした。聞き取りで教頭は「教員と関係性ができており、傷つかないと思った」と話している。

 市教委によると、名指しされた教員は勤務を続けており、児童への悪影響も確認されていないとしている。

 2019年4月以降、教頭は教職員に対し、他の職員がいるにもかかわらず大声で指導し、職員室に居づらい雰囲気にするなどした。20年8月に市教委の窓口に教職員から相談があった。