西部ガス地域会社社長 長崎、沼野良成氏 佐世保、大塚隆夫氏

©株式会社長崎新聞社

沼野良成氏

 西部ガス(福岡市)は19日、4月1日に持ち株会社体制に移行するのに伴い、エリアごとのガス事業などを承継する地域会社の役員人事を内定したと発表した。西部ガス長崎の社長に沼野良成西部ガス執行役員総務広報部長(58)、西部ガス佐世保の社長に、西部ガスグループでガス機器販売などを手掛ける、西部ガスリアルライフ長崎社長の大塚隆夫氏(57)がそれぞれ就く。

大塚隆夫氏

 4月1日に両社が開く株主総会と取締役会で正式決定する。西部ガス常務執行役員長崎地区総括の山内洋介氏(61)は3月末で退任し、4月から西部ガスと西部ガス熊本の監査役、6月から持ち株会社西部ガスホールディングスの取締役監査等委員に就任予定。
 沼野氏は福岡県出身、北九州市立大法学部卒。1986年西部ガス入社。総務広報部広報室長、理事総務広報部長を経て2019年4月から現職。大塚氏は長崎市出身、立命館大経済学部卒。1987年西部ガス入社。西部ガスリアルライフ北九州社長を経て2019年4月から現職。