松村北斗『ライアー×ライアー』共演の七五三掛龍也へ熱いメッセージ!

©株式会社シネマトゥデイ

松村北斗、共演者にサプライズ!

SixTONES松村北斗が20日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた映画『ライアー×ライアー』公開記念舞台あいさつに登壇し、同期である七五三掛龍也(しめかけりゅうや・Travis JapanジャニーズJr.)への特別な思いを吐露した。舞台あいさつには、松村と共にダブル主演を務めた森七菜堀田真由耶雲哉治監督も出席した。

【写真】森七菜、金髪ギャル姿がカワイイ!

金田一蓮十郎の人気コミックを実写映画化した本作は、義理の姉弟が些細なウソによって、お互いの気持ちに気づいていくさまを、切なくもコミカルに描いたラブストーリー。松村は女癖の悪いクールなモテ男である一方、愛する相手に一途に突き進む甘々男子という二面性を持つ透を演じている。

この日松村は、登壇者にサプライズの手紙を仕込んだマイクを用意したことを明かす。驚く登壇者たちが、マイクの下に着いた三角の部分をはがすと、松村の直筆の手紙が現れた。

透の友人・桂孝昭を演じた七五三掛に松村が「しめへ。同期の2人が一緒に作品を作るってこんなに楽しいのかってすっごい思った! この作品は絶対にしめが必要だ!」という手紙を送る。

さらに松村は「僕としめはまったく同じ日に開催された事務所のオーディションを受けて、踊った仲。特別な思いで書きました」と胸の内を明かすと、七五三掛も「僕も同期の北斗が主演を務める作品に携わることができて嬉しかった」と破顔。続けて「僕は皆さんよりクランクインが少し遅かったのですが、北斗が『この現場すごくいいから、どんどん来て大丈夫だよ』って率先して誘ってくれたんです。すごく頼りになりました」と松村に感謝した。

松村は観客を前に「やっと皆さんの前に立つことができました」と感無量な表情を浮かべ、「嘘がテーマの物語ですが、同時に純粋な気持ちもしっかり入ったいまの時代にピッタリの映画だと思います」と力強く作品をアピールした。(磯部正和)