ワクチンで95%発症予防

イスラエル調査

©一般社団法人共同通信社

米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン=19日午後、北海道岩見沢市

 【エルサレム共同】イスラエル保健省は20日、米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルスワクチンについて、2回の接種による発症予防効果が95.8%に上ったと発表した。ファイザーの臨床試験(治験)とほぼ同様の数字で、改めてワクチンの有効性が示された。

 イスラエルはファイザーのワクチン接種を進めており、昨年12月の接種開始から今月13日までのデータを分析した。保健省によると、2回目のワクチン接種から2週間経過後の発症予防効果は95.8%で、発熱や呼吸困難を防ぐ効果は98.0%。感染による死亡を防ぐ効果は98.9%だった。