すごろくで〝泉都旅行〟 別府市の外郭団体、コロナ後の誘客へ制作【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

旅行を疑似体験できる「べっぷぢごくすごろく(別府地獄双六)」(ビービズ・リンク提供)

 【別府】別府市の外郭団体ビービズ・リンクは、「べっぷぢごくすごろく(別府地獄双六)」を作った。泉都を舞台にしたすごろくで旅行を疑似体験してもらい、新型コロナウイルス収束後の誘客に結び付ける。

 すごろくのマス目には、別府ラクテンチや城島高原パーク、高崎山、アフリカンサファリ、ハーモニーランドといった市内や近郊の観光施設が登場。「モノマネ披露」や「秘密を打ち明ける」「好きな人の名前を発表」といった罰ゲームの指令が書かれている。地獄の鬼をデザインしたコマで遊ぶ。

 ある民間会社の調査によると、「コロナ禍の自粛期間中に親子で楽しむ時間が増えたエンタメ」でボードゲームは3位だった。

 別の調査ではコロナ後に旅行したい場所の1位が温泉で、収束後の旅行先として別府を印象づけようと企画した。別府を拠点に活動する芸術家、かおなしまちすさんがデザインを担当した。

 すごろくは県東部振興局の「県新型コロナウイルス感染症対応緊急支援事業費補助金」を活用して制作。市公式観光ホームページ「極楽地獄別府」から無料でダウンロードできる。JR別府駅の観光案内所「ワンダーコンパス」で無料配布している。

 ビービズ・リンクは「コロナ禍で外出が限られる子どもたちに、家族で楽しんでほしい。地元の人たちが観光施設を久しぶりに再訪する機会にもなれば」と話した。

 問い合わせはビービズ・リンク(TEL0977.76.5205)。