ヴォルターズ4連敗 名古屋戦、1点差で競り負け

©株式会社熊本日日新聞社

【熊本-FE名古屋】第3クオーター、ドリブルで攻め込む熊本のデイビス(右)=名古屋市枇杷島スポーツセンター

 バスケットボールBリーグ2部(B2)第22節は21日、名古屋市枇杷島スポーツセンターなどで7試合を行った。西地区4位の熊本ヴォルターズは前日に続き敵地で同2位のFE名古屋と対戦し81─82で競り負けた。4連敗となり通算成績は20勝21敗。順位に変動はなかった。

 熊本は第1クオーター序盤からFE名古屋に先行を許し、石川海斗の3点シュートやイバン・ラベネルの得点で追いすがったものの、10点差をつけられた。第2クオーターも差を縮められず、37─47で折り返した。

 後半は、第3クオーター終盤にシャヒード・デイビスが連続で3点シュートを決めるなど58─61まで詰め、第4クオーター残り1分39秒で逆転に成功。しかし、終了間際にフリースローを決められて勝ち越された。

 このほか西地区勢は、首位西宮が98─94で8位愛媛を退け、3位佐賀は78─83で7位奈良に敗れた。香川は福島を下して5位浮上。越谷に敗れた福岡が6位に後退した。

 熊本は次節の27、28日、ホームの県立総合体育館で西宮と対戦する。