池江、五輪代表選考会「出る」

50mバタフライで復帰後初優勝

©一般社団法人共同通信社

競泳の東京都オープン女子50メートルバタフライを25秒77で制し、白血病による長期療養から復帰して初の優勝を果たした池江璃花子=21日、東京辰巳国際水泳場(代表撮影)

 白血病からの完全復活を目指す競泳女子の池江璃花子(20)=ルネサンス=が21日、東京五輪代表選考会を兼ねる4月の日本選手権について「出る方向で決まっている」と話した。東京辰巳国際水泳場で行われた東京都オープンの50メートルバタフライで病気から復帰後、初優勝を果たした後に明らかにした。

 これまでに自由形とバタフライの50メートルと100メートル、計4種目で日本選手権の参加標準記録を突破している。出場種目は体への負担などを考え、今後検討していく。「出るからには、いい位置を狙いたいので、目標と目的を持って決める」と語った。