アウディ陣営のコムトゥユー、4台の新型RS3 LMSをWTCRに投入へ。ベルトンとバービッシュを起用

©株式会社サンズ

 2月5日にワールドプレミアとなった新型TCR規定ツーリングカー、第2世代『アウディRS3 LMS』が、2021年のWTCR世界ツーリングカー・カップに参戦することが発表された。その実動部隊であるベルギーのComtoyou Racing(コムトゥユー・レーシング)は4台のマシンを投入し、フレデリック・バービッシュとナサニエル・ベルトンが開発作業を担うこともアナウンスされている。

 アウディスポーツの契約ドライバーでもあるバービッシュとベルトンは、2021年下半期にカスタマーデリバリーを予定する新型モデルの世界展開に先立ち、アウディのブランニューTCRモデルを磨き上げ、世界戦の舞台でそのパフォーマンスを証明する重要な使命を負うこととなった。

 アウディからの“派遣”となるこの2名に加えて、コムトゥユー・レーシングはさらに2台のマシンを走らせる準備も進めており、そのドライバー選定は「後日」にも追ってアナウンスされる。

「この(WTCR参戦の)決定により、さまざまな国際レーストラックで最大の競争圧力にさらされる厳しい条件の下で、新しいモデルのテストをする機会が得られる。そうして初めて、今年の後半から世界中のカスタマーに我々のマシンをデリバリーすることが可能になるんだ」と語るのは、アウディスポーツのカスタマーレーシング部門責任者を務めるクリス・ラインケ。

「ジャン-ミシェル・ベアトのチームは、我々アウディのモデルを熟知しており、国際レースでのタイトル獲得実績に加え、2017年のTCR黎明期から私たちのマシンで戦ってくれているんだ」

 ラインケから名前を挙げられたコムトゥユー・レーシングのゼネラルマネージャーであるベアトは、誰にとっても厳しい条件を強いられた2020年を振り返り「確かに昨季はTCRヨーロッパとTCRベネルクスでのタイトルや、WTCRでの勝利に複数の表彰台、そしてルーキータイトル獲得などチームにとって最高の年だった」と続けた。

「アウディスポーツのサポートのおかげで、今季も表彰台の最上段にベルギー国旗のカラーを掲げることができるはずだ。これほどの自信をもたらしてくれたクリス・ラインケと、彼のチーム全体に感謝を捧げたい」

2年ぶりにチームとWTCRに復帰することが決まったフレデリック・バービッシュ

■「真新しいRS3 LMSで、WTCRに参戦できることを心から光栄に思う」とバービッシュ

 現在34歳のバービッシュは、2018年のチームWTCR初年度にマカオで勝利を飾り、続く2019年にもスロバキアで9番手から逆転を飾る印象的な勝利を挙げている。昨季2020年はアウディのGT3プログラムに専念し、ニュルブルクリンク24時間を制覇する華々しい活躍を演じてきたが、2年ぶりにチームとWTCRに復帰することが決まった。

「この真新しいRS3 LMSで、アウディとコムトゥユー・レーシングを代表してWTCRに参戦できることを心から光栄に思い、深く感謝している。チャンピオンになることこそ、2021年に僕が思い描く唯一の目標だよ!」と、意気込みを語ったバービッシュ。

 一方、そのバービッシュと2018年以来のチームメイトとなる31歳のベルトンは、昨季のWTCRで優勝と3回のポールポジション、2度のファステストラップを記録。ドライバーズランキングは8位に終わったものの、「チームとアウディのサポートを得て、ふたたびWTCRに戻るのは大きなモチベーションになる」と期待を込めた。

「僕らの前には新型の開発作業など多くの重責がある。でも僕はチーム全体に深く溶け込んで浸透したような感覚を持っているし、それは僕ら共通の野心を達成するために確かな後押しになる力だと思う。これを可能にしてくれたすべての人々に心から感謝したい」と、その責任と自覚を語ったベルトン。

 2021年シーズンのWTCRは、改訂版の日程で少し遅れた6月3~5日の週末に開幕予定。その舞台は、アウディとしても新型モデルのデビューに自然と気合いの入る、地元ドイツのニュルブルクリンク・ノルドシュライフェとなっている。

2020年には優勝と3回のポールポジション、2度のファステストラップを記録したナサニエル・ベルトンも残留する