アルファロメオの2021年型F1マシン『C41』:開発トークンを使い、スリムなノーズに変更

©株式会社サンズ

 アルファロメオ・レーシング・オーレンは、2月22日に2021年型マシン『C41』の発表会を、ポーランド・ワルシャワのワルシャワ大劇場で開催した。ポーランドは共同タイトルパートナーである石油精製および流通を手がける大企業、オーレンの本拠地だ。パンデミックの影響で、オンラインで公開された発表会には、チーム代表のフレデリック・バスール、テクニカルディレクターのヤン・モンショー、レギュラードライバーのキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィ、リザーブドライバーのロバート・クビサが登場した。

 2020年型マシン名は『C39』だったが、2021年型はひとつ飛ばして『C41』と名付けられた。
 元々F1は2021年に次世代F1マシンを導入する予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックにより、プランを2022年に延期した。しかしアルファロメオはすでに最初の次世代F1マシンに『C40』の名称をつけてプロジェクトを進めていたため、過渡期となる2021年のマシンを『C41』と呼ぶことに決めたとも言われている。

 アルファロメオはアルファロメオ・ザウバー時代の2018年から2019年、2020年と3年連続してコンストラクターズ選手権8位。昨年は獲得ポイントはわずか8点にとどまった。

 前進への期待がかかる『C41』は、2020年型『C39』の発展型であり、規則で課された制限により、多数のコンポーネンツが引き継がれている。一方で新しい部分もあり、その主だったものは、ダウンフォース削減のための規則変更によるフロアの変更、そして開発トークンを利用して変更したノーズコーンだ。

アルファロメオ・レーシング・オーレンの2021年型マシン『C41』

「レギュレーションにより今年は完全に新しいマシンを開発することはできなかった。そういったF1の極めて特殊な状況下で生まれたのがこの『C41』だ」とテクニカルディレクターのモンショーは言う。

「そのため、我々の2021年型マシンは『C39』と共通のパーツを多数持つ。例外もあり、たとえば規則変更によって変えなければならなかったフロア、そして、開発トークン2を使って変更したノーズコーンなどだ」

「こういう状況であるため、今年は例年よりもマシンについてよく理解した状態でテストに臨むことになるだろう。それでも現実が期待と一致するかどうかを確認し、新しいタイヤについて理解するうえで、3日間のテストを最大限い活用することが重要になる」

「新シーズンに向けて準備はできている。ニューマシンがコースで走るところを見る瞬間が待ちきれない思いだ」

 アルファロメオは金曜にスペイン・バルセロナでシェイクダウンを行うということだ。

この記事はいかがでしたか?