東海大相模は東海大甲府と センバツ組み合わせ 昨秋関東でサヨナラ負け「絶対リベンジ」と主将

©株式会社神奈川新聞社

初戦の東海大甲府にリベンジを誓った東海大相模の主将大塚=主催者ホームページのライブ配信から

 高校野球の第93回選抜大会(3月19日から13日間、甲子園球場)の組み合わせ抽選会が23日、オンラインで行われ、神奈川の東海大相模は大会第2日の第3試合(午後2時20分開始予定)で東海大甲府(山梨)と対戦することが決まった。

 相模は2年連続12度目、甲府は5年ぶり6度目の出場。両校が公式戦で顔を合わせるのは、昨秋の関東大会準々決勝以来となる。

 当時は相模がサヨナラ負けを喫しており、主将の大塚瑠晏(るあん)(新3年)は「絶対にリベンジして、相模の野球であるアグレッシブ・ベースボールで全国制覇を目指したい」と雪辱を期した。