選抜高校野球 組み合わせ決定

©奈良テレビ放送株式会社

3月19日に開幕する、選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会がきょう、オンライン形式で行われ、智辯学園高校と天理高校の対戦相手が決まりました。

去年秋の近畿大会を制し、2年連続14回目の出場となる智辯学園は、大会4日目の第2試合で大阪桐蔭との対戦が決まりました。 甲子園での初戦が、近畿大会決勝と同じ組み合わせになり、思わず苦笑いを浮かべた山下陽輔キャプテン。「対戦が決まった時はビックリした。もう一度大阪桐蔭に打ち勝ち、5年ぶりの日本一を目指したい。」と話しました。

また2年連続25回目の出場となる天理は、大会2日目の第1試合に入りました。 チームの絶対的エース・達投手が古豪・宮崎商業打線をどこまで抑えられるかがポイントになりそうです。 内山陽斗キャプテンは、「相手は強打で勝ち上がってきているチーム。自分たちは守備からリズムを作り、一戦一戦全力で戦っていきたい。」と意気込みを話しました。