【センバツ】193センチ右腕・達ら投手力高い天理 初戦は宮崎商と激突

©株式会社東京スポーツ新聞社

抽選会はリモートで行われた(代表撮影)

第93回選抜高校野球大会(3月19日から13日間=甲子園)の組み合わせ抽選会が23日にオンライン形式で行われ、193センチ右腕で注目される達を擁する天理(奈良)は第2日第1試合で宮崎商(宮崎)と対戦する。

天理の内山主将は相手の印象を「強打で勝ち上がっているチーム。自分たちは守備からやっていきたい。冬の練習で個々にレベルアップしている。天理を応援してもらっている方に喜んでもらいたい」と話した。

プロ注目の達を中心にハイレベルな投手力を誇る天理だが、宮崎商も相手に不足なし。中村主将は「伝統校でいい投手がいると聞いているので強い印象がある。守備からリズムを作って打撃につなげたい」と全員野球で春1勝を狙っている。