在宅勤務によるストレスや悩み抱える新卒社員は86.3%

©株式会社マイナビ

デジタルシフトは2月24日、企業の人事担当者・経営者400名を対象に実施したアンケート調査「新卒社員の在宅勤務によるストレス状況」の結果を発表した。

調査の結果、新卒社員が在宅勤務(リモートワーク)で悩みやストレスを感じている様子が「多くあった」「少しはあった」という回答の合計が86.3%となった。新卒社員の在宅勤務での「ストレス問題」は大多数の企業での課題になっていると言える。

新卒社員の在宅勤務(リモートワーク)によるストレスや悩みに効果的と思われる施策を聞いたところ、第1位は「業務外コミュニケーションの場の設定(52.3%)」となった。これに、「リフレッシュできるツール・場の提供(42.8%)」「ストレス・悩み相談窓口の設置(41.3%)」が続いており、「仕事の場を離れたコミュニケーションの場」がストレスに対して効果的という回答が目立った。

今回の調査の結果を受け、同社は日本駐車場開発のグループ会社である藤和那須リゾートと協業し、那須の大自然の環境の中で仕事ができるワーケーションサービスの新プランとして、4月1日より「メンタルヘルスケアプラン」を開始する。