ホンダの自己啓発チーム“Honda R&D Challenge”が2021年のスーパー耐久参戦体制を発表

©株式会社サンズ

 本田技研工業の自己啓発チーム、Honda R&D Challengeはプレスリリースを発行し、『スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook』への参戦体制を発表した。

 Honda R&D Challengeは「ホンダのDNAであるモータースポーツを体現する活動を行い、チャレンジング・スピリッツの醸成、スポーツカー開発への知見を養い次世代に繋げていく人材育成」を目標にし、ホンダのモータースポーツに関心のある従業員やホンダ・シビック・タイプR開発メンバー、人材育成担当の有志が立ち上げた自己啓発(プライベート)チームだ。

 チームは2019年から2度にわたってスーパー耐久もてぎラウンドにスポット参戦してきたが、2021年シーズンもホンダ・シビック・タイプR(FK8)でスーパー耐久のST-2クラスに参戦することとなった。

 2021年シーズンは昨年もステアリングを握った木立純一、柿沼秀樹、望月哲明に加え、新たに石垣博基がドライバーを務める。4名とも本田技研工業、並びに本田技術研究所の社員だ。なお、チームは4名のほかにゲストドライバーを迎えることも予定している。

 チームは「ホンダのモータースポーツは、ホンダの創始者である本田宗一郎の開発思想にあった“走る実験室”を目的に1955年の浅間火山レースから脈々と続いておりますが、この活動も“ヒトづくり、クルマづくり、モータースポーツの発展”へ貢献することを目指し、ホンダ・シビック・タイプRをできる限り量産仕様で参戦することをコンセプトに、スーパー耐久に参戦致します」

「本年も、この活動にご賛同頂いた皆様やメーカー様のご協賛を頂いて参戦が実現することに心より感謝申し上げます。チーム一丸となって、昨年以上の結果を残し、魅力的なプロダクトを提案できる人材を育てる一端を担えるよう邁進して 参りますので、皆様のご支援・ご声援をよろしくお願い致します」としている。

■Honda R&D Challenge スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook 参戦概要

エントラント:Honda R&D Challenge
チーム代表:木立純一
クラス:ST2
ゼッケン:743
車両:Honda R&D Challenge FK8(ホンダ・シビック・タイプR)
チームマネージャー:小野田康信
テクニカルサポート:有限会社ターマック・プロ(代表:川口法行)
ドライバー:木立純一/柿沼秀樹/石垣博基/望月哲明

Honda R&D Challenge FK8の2021年シーズンのカラーリングイメージ
2020年スーパー耐久第4戦もてぎに参戦したHonda R&D Challenge FK8(木立純一/柿沼秀樹/望月哲明/瀬在仁志)