【インタビュー】シート喪失の落胆から立ち上がったアルボン「グリッド上の誰よりも、僕はF1でもう一度レースがしたい」

©株式会社サンズ

 2020年限りでレッドブルのレースシートを失ったアレクサンダー・アルボン。2021年はチームのテスト兼リザーブドライバーを務めると同時に、DTMドイツ・ツーリングカー選手権にアルファタウリカラーのフェラーリ488 GT3で参戦する。マシンが大きく変わる来季に向けて、技術フィードバックに優れる彼の開発能力への期待は大きいはずだ。

 今回アルボンは、各国ジャーナリストとのリモート囲み取材に応じてくれた。「(シート喪失に)一時はひどくガッカリした」と語るアルボンだが、同時に「必ず戻ってくる」と繰り返してもいた。あの人懐こい笑顔も、健在だった。

──────────────────────

──アレックス、こんにちは。元気ですか。

アレクサンダー・アルボン(以下、アルボン):ありがとう。元気でやっていますよ。

──去年の暮れに自分のSNSでも少し言及していましたが、レッドブルのレースシートを失った時は、やはり落胆が大きかったでしょうね。

アルボン:それはやっぱり、一時はひどくガッカリしたよ。F1ドライバーになることは、子供の時からの夢だったしね。

──今もその思いは、引きずっていますか?

アルボン:完全に払拭できたというのは、ちょっと言い過ぎかもしれない。でも後悔してもどうにもならないことだったし、立ち直らなきゃいけないのはわかっていた。今の状況を挽回するために、できることは何でもしよう。そう思えるようになるのに、そんなに時間はかからなかったね。

メディアのリモート取材に応じたアレクサンダー・アルボン

──レースシートを取り返すことに集中するのですね。

アルボン:そう。僕の目標は、来季のレースシートに戻ることだ。もちろん今年何かが起きても、すぐに対応できる準備もするつもりだ。新型コロナウイルスのこともあるから、何が起きるかわからないしね。

──オフの冬は具体的にどんなことをしていたのですか?

アルボン:今言ったような準備を整えるために、できるだけのことをした。具体的にはトレーニングと、シミュレーターかな。うまくいけば今後、数日間は実車を走らせられるかもしれない。タイヤテストとかでね。

シルバーストンで行われたフィルミングデーにおいて、2019年型マシン『RB15』をドライブしたアレクサンダー・アルボン

■「僕のレースキャリアはずっと崖っぷちだった」

──こういうことが起きると、ネガティブな精神状態になっても仕方がないのでは?

アルボン:かもしれない。でも僕のレーシングキャリアは、これまでもずっと崖っぷちだったからね。何度も挫折も経験してきた。そんな時はいつも、今以上のチャンスを掴むためには何をすべきかを考えて、ネガティブな精神状態に陥ることなく、数々の危機を乗り越えてきた。

──シーズン開幕後、具体的に何らかのセッションでF1マシンを走らせる可能性は?

アルボン:正直言って、実際に走る機会はないよ。何らかの突発的な事態が起きない限りはね。一方で僕には、DTMの仕事がある。この機会を与えてくれたのは、チームが僕を信頼してくれてるからだと思う。僕がやれると信じてくれたからこそ、この機会を与えてくれたわけだからね。だからこそ結果を出して、そこからどう事態が動くか見てみるつもりだよ。

──何度も挫折を経験したとのことですが、具体的な例を挙げてくれますか。

アルボン:一番直近で言えば、FIA-F2からフォーミュラEに行くことが決まっていた2018年の暮れだね。あの時に僕が学んだのは、結局のところ自分自身がどれだけ強い気持ちを持っているかということだと思う。自分がその目標を、どれだけ強く望んでいるか。極端な言い方をすれば、グリッドに並ぶ他のどんなドライバーよりも、僕はF1で再びレースがしたい。その気持ちを持ち続けて、やっていくつもりだよ。

──マックス・フェルスタッペンが、2022年にはメルセデスに移籍するのではという噂も流れています。そうなるといっそう、あなたがF1に復帰できる可能性が高くなるのでは?

アルボン:そうかもしれない。でも最後の決め手はあくまでドライバーひとりひとりのパフォーマンスだからね。その意味でも、僕は自分にできることを着実にこなすだけだよ。

2020年F1第15戦バーレーンGP 優勝を飾ったルイス・ハミルトン(メルセデス)と2度目の表彰台を獲得したアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第14戦トルコGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第9戦トスカーナGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)が3位を獲得