GoToの部分再開を検討

国交相、見直しは段階的に

©一般社団法人共同通信社

赤羽一嘉国土交通相

 赤羽一嘉国土交通相は25日の衆院予算委員会分科会で、停止中の観光支援事業「Go To トラベル」について、緊急事態宣言が全て解除されても、全国ではなく、新型コロナウイルス感染が落ち着いている地域で部分的に再開することを検討する考えを示した。割引の大枠は当面維持し、段階的に見直す方針も明らかにした。

 トラベル事業は昨年12月28日以降、全国で中断している。再開は緊急事態宣言の全面解除が条件だが、赤羽氏は「解除されても(再開まで)一拍おくような状況になる」と述べ、地域ごとの感染状況を見極める必要性があると指摘した。