岸優太「ツッコミになりたい」と明かすもボケまくり!藤井流星は自己紹介ギャグで盛り上げる

©株式会社フジテレビジョン

2月25日(木)に放送されたフジテレビ系『VS魂』では、相葉雅紀らがツッコミ芸人チームと対決。藤井流星(ジャニーズWEST)が新たなキャッチフレーズを手に入れたり、岸優太(King & Prince)がボケまくって総ツッコミを受ける一幕があった。

『VS魂』はキャプテンの相葉、キャプテン補佐の風間俊介をはじめ、佐藤勝利(Sexy Zone)、藤井、岸、浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)の6人が、毎回豪華ゲストを迎えてさまざまな対決を繰り広げるゲームバラエティ。

「ツッコミ芸人チーム」(左から)太田博久、おいでやす小田、小峠英二、柴田英嗣、陣内智則、昴生

魂チームの助っ人“プラス魂”には、倉科カナ、ゆりやんレトリィバァの2人が参戦。そして、対戦ゲストには、「ツッコミ芸人チーム」として、昴生(ミキ)、陣内智則、柴田英嗣(アンタッチャブル)、小峠英二(バイきんぐ)、おいでやす小田(おいでやすこが)、太田博久(ジャングルポケット)ら錚々たるツッコミ芸人が集結し、白熱の対決を繰り広げた。

1つの番組でこれだけツッコミ芸人が集まることは珍しいが、オープニングトークでは、今回の対戦チームの選定は、藤井からスタッフへのリクエストで実現したことが判明。

藤井は『VS魂』のレギュラー陣について「『天然しかおらんやん!』ってなって。これはツッコミができるようになったほうがいいかと」と打ち明け、ツッコミを学びたいと意欲を見せる。

それを聞いた相葉が「今日は(ツッコミを)勉強させてもらうってことだね」と納得し、他のメンバーに「みんな、今日は何を言っても大丈夫だと思うから」と呼び掛け。すると、岸が「ボケましょう!ボケましょう!」と早速やる気を見せるも、小峠から「あまりにもひどい場合は無視ってこともあるからね」と釘を刺されつつゲームへ。

ゲーム合間のトークでは、魂メンバーからツッコミ芸人たちへ様々な質問が。藤井が「ツッコミの練習とかってあるんですか?」と問いかけると、柴田は「若手にも言いたいんだけど、最近、キラーワードに頼り過ぎちゃってるのよ。そうじゃなくて、『バカ』とか『こら』と『おい』とかなんでもいいんだけど、感情を出すってことがツッコミの一番」とレクチャー。

「流れ流れて流れ星、流星です」小峠が藤井流星に自己紹介ギャグを伝授!

すると、藤井が「小峠さんの『なんて日だ!』みたいなやつがほしい」と柴田のアドバイスとは真逆の、オリジナルなワードに頼りたいという天然発言で返し、「全然、今の話聞いてなかったね!」と周りから総ツッコミを受けて苦笑い。

風間が「うちの子はワードが欲しいんです」とフォローすると、小峠が「流れ流れて流れ星、流星です」とまさかの自己紹介ギャグを伝授。

ゆりやんが数字の7を顔の前でジャスチャーしながら「なな、なな、こまつめななです」と独特なギャグを披露し、その流れで藤井が「流れ流れて流れ星、藤井流星です」とキメ顔で自己紹介するというコンビ芸が成立し、ゲーム中、そのコンビ芸は幾度もなく披露され、笑いを起こしていた。

また、藤井は「ツッコミ芸人あるあるは?」と質問。すると、陣内から「バラエティに出ていて、(ツッコミやすい)IKKOさんと浜口京子さんがいたらなんとかなる、という安心感がある」との答えが。

その流れで、ジャニーズの中では岸もそういった存在だと言われると、岸は「ほんとですか?僕もツッコミになりたいです」と、“ボケ”として評価されているのにまさかの天然発言。

続けて、陣内が「岸くんのこと、芸人は好きやと思いますよ」と明かすと、岸は「大好きですね」とコメント。陣内らから「違う!違う!」「なんで『好きですね』って、そっちから言ってくるねん!やっぱり岸くんキャンセルします」とツッコまれ、爆笑をさらっていた。

2つのBOXから交互に出てくるパックをパスで回してシュートを決めるゲーム「クラッチゲッター」の待機中も、司令塔を務める岸はボケまくり。

風間から「バーテンダーや(ギャンブルの)ディーラーみたいになってるよ。ディーラーは分かる?」と問われ、「車を売る人ですよね?」とドヤ顔で返答。魂メンバーから総ツッコミを受けた岸は「風間くんがボケてきてるのかなと思った」と返し、風間から「違うよ!なんでツッコむ気満々なんだよ。お前はボケだ!」と断言され苦笑いしていた。

さらに、岸は今回の対戦ゲストの昴生に対して、「僕、昴生さんと(相方の)亜生さんの名前がずっと逆になっていて。結構、逆に呼んでたんですけど、(昴生らから)あんまりツッコまれなくて、自分で気付きました」と伝えるも、オチがなかったことからスタジオはなんとも言えない雰囲気に。

昴生から「なんの話?」とツッコまれると、岸は「もっと話が膨らむかなと思って…」と困惑した表情。それを見ていた小峠が「岸くんは、話が“報告”なんだよね」と冷静に指摘すると、岸は苦笑いしたが、スタジオは笑いに包まれていた。

そんな岸の天然発言は、番組終盤でも健在。陣内に感謝していることがあるとのことで、「陣内さんはご一緒すると、毎回、僕に気を遣って(話を)振って面白くしてくれます」と、またもやオチがない話を繰り広げ、ツッコミ芸人らは「いや、報告やん!」「最高だね」と爆笑。小峠から「最後『報告でした』と言ってみたら?」とアドバイスされ、「そうですね」と照れ笑いを見せた。

さらに、コンサートでの失敗談を聞かれると岸は、「『King & Prince, Queen & Princess』の曲フリで、『King & Prince, Queen & Joker』って言っちゃって。現場がすごく凍りましたね」とまたもや報告すると、空気を読み「これもちょっと報告になりますね」と、早速のアドバイスを活かした発言で、爆笑をさらっていた。

次回、3月4日(木)の放送には、映画「ブレイブ -群青戦記-」チームとして、新田真剣佑、山崎紘菜、鈴木伸之、渡邊圭祐、濱田龍臣、草野大成が参戦。魂チームの助っ人“プラス魂”には、藤本敏史(FUJIWARA)、稲田直樹(アインシュタイン)が登場する。

この記事はいかがでしたか?