印パが停戦順守で合意

カシミール、関係改善は不透明

©一般社団法人共同通信社

パキスタン・イスラマバード、インド・ニューデリー、カシミール地方、実効支配線(停戦ライン)

 【ニューデリー、イスラマバード共同】インド国防省とパキスタン軍は25日、共同声明を発表し、両国が領有権を争うカシミール地方の実効支配線(停戦ライン)や周辺での停戦順守で合意したことを明らかにした。

 2019年にインドが自国支配地域の自治権を剥奪、実効支配線を挟んだ砲撃が続き、双方の住民に死傷者が出ていた。合意で核保有国である両国の関係改善につながるかどうかは不透明だ。

 地元メディアなどによると、インドは実効支配線の兵力を維持するとみられ、当局者は地元住民への脅威を緩和する目的の合意としている。