【バイプレイヤーズ百名鑑】宇梶剛士「撮影現場で、知らず青年になっている自分に気づきました」

©ブロードメディア株式会社

『バイプレイヤーズ』シリーズ新プロジェクトに出演する宇梶剛士(C)「バイプレイヤーズ2021」製作委員会/(C)2021「映画 バイプレイヤーズ」製作委員会

日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズ(テレビ東京系)。2021年、新プロジェクトとして、ドラマ第3弾『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)と、映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』(4月9日公開)が始動。総勢100名以上が出演する本作を彩る、個性豊かで豪華すぎるキャスト陣をチェックしていこう。

◆File No.050 宇梶剛士

都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。この辺ぴな撮影所に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動を描く新作。宇梶は映画『アウトローの森』に出演する、厳しくも頼もしい、役者界のアニキバイプレで、なぜか熱き漢たちに支持される俳優“宇梶剛士”役を演じた。

出演にあたり、「撮影現場で、知らず青年になっている自分に気づきました」とのコメントを出した宇梶。第7話では、朝ドラや大河ドラマに浮かれる俳優が許せないものの、孫のためにイイテレの教養番組『しばいであそぼ』への出演を熱望し、追加キャストオーディションを受けるコミカルな演技を見せていた。今回菅原一門の兄弟子・菅田俊との共演もあり感無量の様子だった。

宇梶剛士/1962年8月15日東京都出身。菅原文太さんの付き人を経て俳優デビュー。舞台で演技を磨き、1997年放送の『ひとつ屋根の下2』(フジテレビ系)でブレイク。その後、NHK大河ドラマ『新選組!』『おんな城主 直虎』、『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)、『半沢直樹』(TBS系)などで活躍。最近では『逃げるは恥だが役に立つ』『義母と娘のブルース』『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(いずれもTBS系)などで演じた父親役で味のある演技を見せた。

●『バイプレイヤーズ』第7話プレイバック

新章突入!民放各局に激震が…。バイプレウッドに朝ドラ&大河ドラマが参戦!? 出演のチャンスだと役者たちは浮き足立ち、熾烈な争いが始まった。そんな中、次々と民放各局の子役が消える謎の事件が発生。子役を探して山奥に踏み入ると、高畑淳子と本田博太郎の不気味な姿が…。そこには、公共放送の恐ろしい陰謀があり…!?