坂口健太郎主演『シグナル』SPドラマ、青木崇高、桜井ユキ、古川雄輝ら新キャスト発表

©ブロードメディア株式会社

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル』キャスト陣(C)カンテレ

俳優の坂口健太郎が主演を務めるスペシャルドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル』(カンテレ・フジテレビ系/3月30日21時30分)の新キャストとして、青木崇高桜井ユキ古川雄輝篠原ゆき子駿河太郎西岡徳馬杉本哲太田中哲司の出演が発表された。

本作は、2018年放送された連続ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』の3年ぶりの続編。謎の無線機が“現在”と“過去”の2人の刑事をつなぎ、さまざまな未解決事件を解決していくヒューマンサスペンスだ。坂口が“現在”の刑事・三枝健人、北村一輝が“過去”の刑事・大山剛志、吉瀬美智子が大山をひそかに思い続ける未解決班の班長・桜井美咲をそれぞれ演じる。

今回発表された出演者たちが演じるのは、健人と大山を追い詰め、健人と対峙(たいじ)する者や新たな事件の関係者、そして、大山の行方の鍵を握る政府や警察上層部、大物国会議員たちだ。

青木が演じるのは、元警察官で建設会社社長の石川匠。警察官時代に警察上層部と関わるなど、重要な過去を持つ男で、現在は警察の権力をバックに好き勝手に生きており、健人と対峙(たいじ)する悪の存在だ。青木は自身の役どころを「脅威を余裕でかわし、なかなか追い詰められない悪」と語る。

また、女優の卵・上杉胡桃を演じるのは桜井。2000年に変死体で発見されるが、20年後にその姿が目撃されるという謎深き存在だ。桜井は“胡桃”について「想像できないほどの苦しみを過去に抱えていて、初めに台本を読んだ時は、すんなりと落とし込めなかった」と、今作で難役に挑戦したことを明かしている。

古川が演じるのは、カメラマンの武田寿士。20年前に死んだはずの婚約者・胡桃を見かけ、健人ら未解決班に捜査を依頼する。古川は「武田は若い頃に最愛の人を亡くしている人。亡くした者への悲しみが雰囲気に出るように演じてみたい」と意気込みを語る。

また、20年前のある秘密を抱える胡桃の姉・上杉杏珠に篠原、芸能プロダクションの悪徳社長・鳥羽に駿河、連続ドラマで黒幕として登場した衆議院議員・野沢義男に西岡、内閣情報調査室次長・三谷宗久に杉本、警視庁公安部長・山崎聡史に田中がそれぞれ演じる

スペシャルドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル』は、カンテレ・フジテレビ系にて3月30日21時30分放送。