イイ感じのサイズで余裕の車内! 実は狙い目な小型キャンピングカー”日産 NV200バネット”5選!【ジャパンキャンピングカーショー2021】

©株式会社MOTA

軽キャンパーでは長距離が不安だけど、普段の買い物や通勤でも使うから、ハイエーススーパーロングでは大き過ぎる…と、なかなか悩ましいキャンピングカー選び。いやいや、このクルマを忘れていないか!? 小型車サイズのバン&ワゴン「日産 NV200バネット」だ!ちょっと欧州車テイストなスタイリングが活きるポップアップルーフ付きのキャンピングカー5台をご紹介!

RIW200-ER[ANNEX] [日産 NV200バネット/NV200バネットバン ベースのキャンピングカー特集]

シンプルさがうれしい「ツェルトNV」[東和モータース販売]

ベース車は5ナンバーワゴンモデル「NV200バネットワゴン 16X-2R」

キャンピングカーの総合ディーラー、東和モータース販売が用意する日産 NV200バネットベースのキャンピングカーは「ツェルトNV」。

機能性重視の仕立てながら各部の素材にこだわり、居心地の良い雰囲気に仕上がっている

フルトリム仕立てのワゴンモデルをベースとしたツェルトNVは、一見するとノーマル同様のシンプルなスタイリングだが、中はしっかり車中泊仕様だ。

サブバッテリー、冷蔵庫、DVD再生機能付の液晶テレビなど標準装備も充実している。就寝定員2名のノーマルルーフ仕様に加え、写真のポップアップルーフ仕様なら4名が就寝可能だ。

驚きの車内高!「FamilyWagon SS」[ANNEX]

ファミリーワゴンSS ER(エレベーティングルーフ)モデル

続いてはアネックスの「ファミリーワゴンSS」。ノーマルルーフモデルは5ナンバー登録のワゴン車(ベースはワゴン 16X-2R)。

写真のER(エレベーティングルーフ)モデルは、ルーフテント部の床をあげれば、最大2260mmの高さを確保できる優れもので、バンのGXがベースとなる。就寝定員はこちらも4名だ。

車内で立って調理することも可能となり、ERモデルなら8ナンバー登録(キャンピングカー扱い)となる。

贅沢なふたり旅仕様「POP.COM eE(ポップコン イーイー)」[キャンピングカー広島]

シックなボディカラーがふたり旅仕様に良くマッチしている

こちらは、ポップアップルーフを用いながらも、あえて「ふたり旅仕様」を標榜する1台「ポップコン eE」。

写真のモデルは“ダーク パッケージ”

前向きのハイバックシートを備える「ポップコン R-STYLE」に対し、eEは横向きシートとしたことが特徴だ。移動時はフロントシートに座り、リアシートでは旅先でくつろぐことを基本としている。

なお“ダーク パッケージ”ならシート&ベッド色柄を7種類のツートン色柄より選択出来る。オーダーメイド感覚で自分好みの1台がつくれそうだ。

RIW200-ER[ANNEX] [日産 NV200バネット/NV200バネットバン ベースのキャンピングカー特集]

単なるオシャレモデルにあらず!「RIW200-ER」[ANNEX]

写真のセンターテーブルは取り外し足を付けてアウトドア用のテーブルにも変化! 土足OKな床の造りもユニークだ

アネックスが別ラインで用意する「リュウ200-ER」は、こだわり層向けのひと味違ったキャンピングカーだ。

写真のベンチは車内でベッドにも変化する!

RIWは「RAMBLE in WILDERNESS」(荒野を散歩する)を表す。

荷台の棚はアウトドア用のベンチに、そして夜はベッドにと、1日を通してフルに活用出来る優れもの。決してただのオシャレキャンパーなどではなく、サイズの限られたコンパクトなモデルのために考え抜かれた造り込みの深さが素晴らしい。

ペットと旅する1台「RETREAT NV POP」[ダイレクトカーズ]

サイドパネルは室内同様にリアルウッドを採用する

「リトリート NV POP」は、ペットと一緒にクルマ旅を楽しむことを目的に誕生した1台。

車内にはオリジナルのDCクーラーを標準装備。人もペットも快適に過ごせることを最優先に設計されている。スキップフロア構造も、ペットの膝への負担を考えてのこと。ゲージ固定用フックも6つ備わる。

「ヴィンテージシリーズ」のサブネームがつくこのモデルは、リアルウッドを用いた特徴的な内外装も特徴。使えば使うほど愛着が増してゆきそうな1台だ。

この記事はいかがでしたか?