「Pokémon LEGENDS アルセウス」が2022年初頭にSwitch向けに発売!アクションとRPGが融合したシリーズの新たな挑戦

©株式会社イクセル

ポケモンは、Nintendo Switch用ソフト「Pokémon LEGENDS アルセウス」を、2022年初頭に発売すると発表した。

■「ポケットモンスター」シリーズの新たな挑戦

世界を駆け巡りながらたくさんのポケモンたちを捕まえて図鑑を作り上げていく遊びは、「ポケットモンスター 赤・緑」から「ポケットモンスター ソード・シールド」にいたるまで、脈々と受け継がれてきたシリーズならではの大切な要素だ。

今作「Pokémon LEGENDS アルセウス」は、これまでの「ポケットモンスター」シリーズの枠を超えた新たな体験として、これらの遊びの要素を大切にしながら「アクション」と「RPG」が融合したこれまでにない表現に挑戦した新作タイトル。「ポケットモンスター」の新たな扉を開く「Pokémon LEGENDS アルセウス」に注目だ。

「アクション」と「RPG」が融合した新たなゲーム性

プレイヤーはフィールドを駆け巡りながら、雄大な自然の中で生活するポケモンと出会う。野生のポケモンの行動を観察し、気づかれないように近づき、狙いを定めてモンスターボールを投げることで、捕まえることが可能だ。

また、野生のポケモンを捕獲するために、手持ちのポケモンでバトルを挑むことも。手持ちポケモンの入ったモンスターボールを野生のポケモンの近くに投げるとシームレスにバトルが開始。プレイヤーはわざを選択して、自分のポケモンに指示を出すことで、バトルをすることが可能だ。これまでの「ポケットモンスター」シリーズでの遊びを新たな角度から体験することで、ポケモンや人物によって作り出される世界を、より身近に感じることができる。

冒険の舞台は、昔のシンオウ地方

「Pokémon LEGENDS アルセウス」の冒険の舞台は、昔のシンオウ地方だ。中央にテンガン山がそびえ立ち、広大な自然が特徴のシンオウ地方は、「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」の舞台でもあったが、今作はポケモントレーナーやポケモンリーグといった概念がない遥か昔の時代を描いた物語となっている。

ポケモンは過酷な自然環境のもと、さまざまな場所でありのままに過ごしているが、「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」時代のシンオウ地方とは異なる生態系が広がっている。

昔のモンスターボールには木材が多く使われ、ポケモンを捕まえると上部から蒸気が出るなど、現在とは仕組みが少し異なるようだ。

登場人物

プレイヤーは物語の主人公となって、この地方で最初のポケモン図鑑を作るため、冒険に出る。一体どのような出会いが待ち受けているのだろうか。

最初にパートナーとなるポケモンたち

プレイヤーは、「モクロー」「ヒノアラシ」「ミジュマル」の中から1匹を選び、冒険に出かける。この3匹は、とある博士がさまざまな地方で研究する中で出会い、この地方に一緒にやってきたようだ。

左から「ヒノアラシ」「モクロー」「ミジュマル」

モクロー

分類:くさばねポケモン
タイプ:くさ・ひこう
高さ:0.3m
重さ:1.5kg

アローラ地方からやってきたポケモン。
昼は光合成で力を溜め、夜になると活動を開始する。
一切音を立てずに滑空し、敵が気づかぬ間に急接近して強烈な蹴りを浴びせる。

ヒノアラシ

分類:ひねずみポケモン
タイプ:ほのお
高さ:0.5m
重さ:7.9kg

ジョウト地方からやってきたポケモン。
臆病でいつも体を丸めていて、驚くと背中の炎が一段と強く燃え上がる。
襲われた際には、背中の炎を使って身を守る。

ミジュマル

分類:ラッコポケモン
タイプ:みず
高さ:0.5m
重さ:5.9kg

イッシュ地方からやってきたポケモン。
お腹にできるホタチで相手の攻撃を受け止め、すかさず切りつけて反撃する。
ホタチは固いきのみを割るときにも使う。

物語の鍵を握るポケモン、「アルセウス」

本作では、「アルセウス」が物語の鍵を握っているようだ。世界のすべてを生み出したと言われているポケモン「アルセウス」。果たして、物語にどのように関わってくるのだろうか。

アルセウス

分類:そうぞうポケモン
タイプ:ノーマル
高さ:3.2m
重さ:320.0kg

「Pokémon LEGENDS アルセウス」の世界を紹介する特別映像を公開

(C)2021 Pokémon. (C)1995-2021 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。