デカ過ぎ!大島由香里の写真集『モノローグ』は“ゲス不倫夫”への逆襲!?

©株式会社日本ジャーナル出版

EVGENNISH P / Shutterstock

「デカ過ぎ!」と見るものを興奮させたのは、フジテレビ出身のフリーアナ・大島由香里。去る2月22日に写真集『モノローグ』を発売したのだが、その見事過ぎる完熟ボディーが絶賛されている。

「彼女の〝隠れ爆乳〟は、フジ在籍時代から、一部の女子アナファンの間で有名で、熱い視線を注がれていました。今回の写真集は、その期待を上回るエッチなサービスでいっぱいでした」(出版関係者)

表紙の写真は、ビキニ姿のビーチでの1枚。誘うような妖しい眼差しと、大胆に露出した谷間が実にセクシー。中身も、大島の魅力的過ぎるおっぱいのオンパレードなのだ。

「シャワーで白いシャツがボディーに張り付き、エッチなランジェリーとまん丸の膨らみを際立たせたビショ濡れショット。朝日を浴びてのランジェリーショットは、両腕で挟み込み、今にもカップから溢れそう。柔らかそうな谷間に顔を埋めたくなること必至です。ブラを外し、ショーツ1枚となった大島のバックショットにも痺れました」(同・関係者)

2019年末に発売され、現在も売れ続けている田中みな実の『Sincerely yours…』は、女性ファンを意識したエロくもオシャレな1冊だったが、「こちらは明確に男性の〝実用〟を重視した作りになっていますね」(芸能記者)という。

早くも第2弾を期待したくなる肉体美

「背の低いみな実にはない、ダイナミックなスケールを感じさせる肉体美。正直、純粋なエロスの総量でいえば、大島が勝っているのではないでしょうか」(同・記者)

大島は、16年2月に、フィギュアスケートの小塚崇彦と結婚し、翌年4月には第1子を出産。同年いっぱいでフジを退社し、小塚の活動拠点である名古屋に居を移した。そんな幸せの絶頂期に、何と小塚に不倫報道が飛び出し、別居が報じられ、19年末に離婚した。

「一夜の欲望のために、この極上ボディーを手放した小塚は大バカ者ですね」(同)

早くも期待したくなるのは第2弾。さらなるエッチな展開だ。

「写真集は不倫した小塚への当てつけの意味合いも大きそう。初めから売れなければ次はフルオープンも辞さない決意だというし、早くも絶賛の声に気をよくしている大島は、バカ売れしたらしたで、〝もっと見て!〟と脱いでくれそうです」(前出の出版関係者)

大いに期待だ!

【画像】

EVGENNISH P / Shutterstock