バイデン氏、大停電の被災地入り

寒波に見舞われたテキサス州

©一般社団法人共同通信社

26日、米テキサス州ヒューストンの食料配給拠点で、ボランティアと話すバイデン大統領(AP=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は26日、寒波の影響で深刻な停電に見舞われた南部テキサス州をジル夫人と共に訪れた。被害状況を視察し、地元当局者と対応を協議。バイデン氏は同州に大規模災害宣言を出しており、自ら足を運んで復旧を後押しする姿勢をアピールする狙いもある。

 バイデン氏はテキサス州南部ヒューストンで、食料配給拠点などを視察し、復旧作業に取り組むボランティアらと意見交換。

 冬場も比較的温暖な同州では、激しい寒波でパイプラインや発電設備が凍結。米メディアによると、一時は400万人超が電気のない生活を強いられ、寒波関連の死者は40人以上に達したという。

この記事はいかがでしたか?