カズレーザー“渡部の豊洲報道”で論点ズラし! 詐欺的話法にツッコミも

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)まいじつ 

コメントが正論だとネットニュースで報じられるが、実は〝正論に見せかけた論点ずらし〟でしかない『とくダネ!』(フジテレビ系)レギュラーの『メイプル超合金』カズレーザー。2月23日、カズがこのテクニックでまたも視聴者を欺いた。

この日、番組は後半で、週刊誌でにわかに報じられた『アンジャッシュ』渡部建の近況を後追い取材した。記事によると、渡部は今年から豊洲市場でウニの仕分けなどを行なっているそう。また、同放送での情報では、無給のボランティアで奉仕しているとも報じられていた。

この話題に対し、出演者は一様に微妙な反応を浮かべ、MC・小倉智昭をはじめ「取り上げるほどの話題ではない」といった雰囲気。コメントを求められたカズも、「職業選択の自由は誰にでもあるし、ボランティアと言われたら一層何も言うことはない」と吐き捨てた。続けて、「市場関係者から便宜を図ってもらって、脱法行為をしているわけでもなく、ただ働いているわけですよね。働くのはご自由ですから」とも述べ、同じ芸人として思うものがあったのか、一層興味のなさそうな様子だった。

この発言はまたもネットニュースで多数報じられ、その論調は「正論」「称賛の嵐」といったもの。しかし、よくよく聞いてみると、これは論点ずらしで、同業者たる身内を擁護しているだけに過ぎない。

結局は芸人として身内擁護をしたいだけ

「番組を見れば分かりますが、これは、お騒がせ有名人の近況という〝事実〟をただ淡々と報じただけ。批判的に叩く目的も擁護する目的も感じられない、ストレートニュースに近いものがありました。にもかかわらず、カズは『職業選択の自由』などと、全く問題点になっていないところにピントを合わせる、的外れな行動に出てきた。別に、謹慎せず働いていることの是非を問うたわけではないのに、〝自由〟を引き合いにすることで、さもそこが論点であるかのようにミスリード・すり替えたわけです。そしてこれはまんまと成功し、『仕事にまで文句を言うマスコミ』『そうやってメディアは渡部さんをイジメる』という自身の被害妄想と身内擁護を〝正論〟として拡散することに成功しました」(芸能記者)

ネット上にも、少ないながら

《自由だから報じることじゃない的に言ってたけど、じゃあ麻薬以外の全ての芸能ニュースも法に反してない自由な活動だろうが》
《それ言うなら不倫も事務所独立問題も熱愛も本人の自由だから報じなくていいよね》

など、カズのすり替えを見抜く声が。また、人々は渡部の行為を「ボランティアは復帰を狙った高感度アップ策」だとも見抜いているため、

《どう考えても「先のことを計算高く考えた」ボランティア先だろうがw》
《復帰を見据えてないならボランティアで働く意味が分からんだろ》
《ボランティアにしちゃうと打算的な感じがするから、普通に時給もらってアルバイトの方がいいやろ》
《自由だけど芸能界復帰に利用してるから嫌なんだよ 介護と同じ》

など、〝自由〟という無関係な物差しで煙に巻こうとする論調にも、ツッコミが殺到した。

些細な発言まで「正論」だと報じられることが多いカズ。しかしその裏には、高学歴ならではの巧妙な話術があるようだ。