遺族と県教委 初の合同追悼式開催へ 那須の雪崩事故4年

©株式会社とちぎテレビ

2017年に那須町で登山の講習中だった高校生ら8人が雪崩に巻き込まれ死亡した事故で、発生から4年を迎える来月、遺族と県が初めて合同での追悼式を行うことになりました。

那須の雪崩事故は2017年の3月27日に発生し、登山講習に参加していた大田原高校の生徒7人と教員1人が死亡しました。

多くの遺族はこれまで「県の再発防止策が不十分だ」などとして、県が主催する3月27日の追悼式には参加せず、独自の追悼式を前日の26日に開いてきました。

事故発生から丸4年を迎えるのを前に、遺族らは、県教育委員会と高校体育連盟と初めて合同で追悼式を実施するため、協議を進めていて来月26日に事故現場の近くで行う予定です。

遺族や県教育委員会の代表らが追悼メッセージを伝えた上で、献花を行うということです。

遺族の男性は「県との平行線がこのまま続くことを本質的には望んでいない。納得できない部分もあるが前に進んで風化防止に取り組んでいく」と話しています。