ザック・スナイダー『アーミー・オブ・ザ・デッド』初映像解禁 荒廃したラスベガス&画面いっぱいにゾンビ

©ブロードメディア株式会社

Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』キービジュアル

ザック・スナイダーが監督・脚本・製作を務めるNetflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』より、強盗計画へと挑む傭兵(ようへい)集団と、地を埋め尽くす大量のゾンビがにらみ合うド迫力の初映像が、キービジュアルと共に解禁された。

本作は、ゾンビが大量発生したラスベガスを舞台に、一人の男が傭兵集団を結成し、史上最大の強盗計画を成功させるべく隔離地区へ侵入する物語。『ドーン・オブ・ザ・デッド』『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を手掛けたスナイダーが監督・脚本・製作を務める。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズや『ブレードランナー 2049』などのデイヴ・バウティスタ、『アベンジャーズ/エンドゲーム』にも出演した真田広之をはじめ、国際色豊かなキャストが集結。さらに、前日譚となる物語が描かれる映画作品とアニメシリーズの製作も進行中の壮大なゾンビ・プロジェクトとなっている。

解禁された初映像には、ゾンビの大量発生により変わり果てたカジノや荒廃したラスベガスが描かれている。一獲千金を狙って危険な地帯へと突入し、ゾンビ集団とにらみ合う傭兵たち。映像の後半には、画面の全てがゾンビで埋まるほどの衝撃的シーンや、ヘリが真下へ滑空するシーンも収められており、全カットがクライマックスのような迫力映像が展開している。

Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド 』は5月21日より全世界独占配信。