『天国と地獄』第7話 日高<彩子>、実家へ 日高の意外な過去、そして新たな犠牲者も

©ブロードメディア株式会社

ドラマ『天国と地獄 ~サイコな2人~』第7話場面写真(C)TBS

女優の綾瀬はるかが主演を務め、俳優の高橋一生と共演するドラマ『天国と地獄 ~サイコな2人~』(TBS系/毎週日曜21時)第7話が今夜放送。第7話では、実家へ行った日高<彩子>(高橋一生)が、日高の父親から過去についての意外な情報を入手する。

彩子<日高>(綾瀬はるか)は身元不明の遺体の中から「東朔也」という人物を探す。日高<彩子>と河原(北村一輝)もその名前にたどり着くが、事件とのつながりは見えてこない。陸(柄本佑)からの情報を手掛かりに、殺人の共犯かもしれない「クウシュウゴウ」が現れるのを待って、歩道橋で張り込む日高<彩子>。しかし、やって来たのは彩子<日高>で…。

ある日、日高<彩子>のもとに、息子が記憶喪失になったと聞いて心配した父・満(木場勝己)から連絡が入る。妹の優菜(岸井ゆきの)と実家へ行った日高<彩子>は、満から日高に関する意外な過去を聞かされるのだった。

そしてその頃、誰にも発見されていない新たな犠牲者が…。

本作は、警視庁捜査一課のドン詰まりな女性刑事・望月彩子と、サイコパスな殺人鬼・日高陽斗の魂が入れ替わり、人生が逆転した2人の愛と運命が交錯するさまを描く。脚本は森下佳子によるオリジナルストーリーで、綾瀬、高橋のほか、柄本佑北村一輝、溝端淳平、中村ゆり、岸井ゆきのらが共演する。

ドラマ『天国と地獄 ~サイコな2人~』第7話は、TBS系にて2月28日21時放送。