【マレーシア】ホンダが新キャンペーン、販売100万台へ[車両]

©株式会社NNA

ホンダ・マレーシアは2月25日、同国での累計販売台数100万台を目指すキャンペーン「ワンミリオン・ドリームズ・キャンペーン」を開始した。期間は3月24日までで、抽選で顧客に特別仕様車を進呈する。

ホンダ・マレーシアは、2019年に累計販売台数90万台を達成。今年中に100万台への到達を目指している。今回のキャンペーンでは、抽選で7人にハッチバック「ジャズ」、セダン「シティ」「シビック」「アコード」、スポーツタイプ多目的車(SUV)「BR—V」「HR—V」「CR—V」の特別仕様車が当たる。

希望者は、ホンダの正規販売代理店や公式ウェブサイトを通じてキャンペーンへの参加が可能。スマートフォン用アプリ「ホンダ・タッチ」による登録や公式サイトでのクイズへの回答、車の試乗・予約、新車登録などを通じて応募できる。

ホンダ・マレーシアの石山登一社長兼最高経営責任者(CEO)は声明で、「新型コロナウイルス禍によるニューノーマル(新常態)で社会のデジタル化が進む中、(販売促進に向け)アプリなどのデジタルプラットフォームを強化していきたい」と述べた。