【高校受験2021】滋賀県公立高、一般選抜の出願状況(2/26時点)膳所1.69倍

©株式会社イード

令和3年度滋賀県立高等学校入学者選抜学力検査出願者数

滋賀県教育委員会は2021年2月26日、2021年度(令和3年度)滋賀県公立高等学校入学者選抜における一般選抜の志願状況を発表した。2月26日時点の学校別の志願倍率は、膳所1.69倍、彦根東(普通)1.22倍、守山(普通)1.18倍など。

2021年度滋賀県公立高等学校入学者選抜の一般選抜は、2月24日から25日午後4時40分まで出願を受け付けた。2月26日時点の志願状況は、全日制の学力検査定員6,004人に対して、出願者は6,643人で、出願倍率は1.11倍。

出願倍率がもっとも高かったのは、大津(普通)1.99倍。ついで、膳所1.69倍、大津(家庭科学)1.65倍、長浜農業(食品)1.55倍、草津東1.44倍。

このほか、おもな学校・学科の出願倍率は、彦根東(普通)1.22倍、守山(普通)1.18倍、石山(普通)1.37倍、米原1.19倍、東大津(普通)1.12倍、虎姫(普通)0.89倍、八日市(普通)1.21倍など。

一般選抜は今後、3月2日から4日午後3時まで出願変更を受け付け、3月9日に学力検査、3月10日に一部の学校で実技検査を実施する。合格発表は3月16日。

外岡紘代