テレ朝・斎藤ちはるアナ“やる気なし”局内でも問題!? 再研修行きか…

©株式会社日本ジャーナル出版

元『乃木坂46』の斎藤ちはるアナはやる気無い? (C)週刊実話Web

テレビ朝日の斎藤ちはるアナが、局内でも問題視されているという。彼女は2019年、明治大学を卒業後に入社。現在、『羽鳥眞一モーニングショー』を担当している。

「いまだによく分からないのが、入社日4月1日の珍事。入社式は午後だというのに、斎藤アナは午前中の『――モーニングショー』に出演。新人で今後、レギュラーで出演するアイサツをしたのです。入社していないのに、これはないでしょう」(テレビ朝日関係者)

19年4月1日は月曜日。週初めの年度スタートでもあり、あえて起用したという考え方もできる。ただし、

「斎藤アナが大学時代、人気女優だったとか人気モデル、あるいは何かスゴい有名人だったら特別扱いも分かります。でも彼女の場合、マイナーなタレントの1人でした。別に鳴り物入りでもなかったし、厚遇する理由もなかったのです」(同・関係者)

夏前に番組を降板!?

最近、斎藤アナは週刊誌を中心にバッシングを浴びている。というのも今年の元日放送の『――モーニングショー』新春SP版に登場した際、起きているのか寝ているのか分からない寝ぼけマナコで登場したからだ。

「羽鳥に『大丈夫ですか、斎藤さん』なんて声を掛けられ、ハッとした表情を見せたりするし、正月早々ヤル気まるでなし。普段の番組でも『次は――』と進行するだけで、全く自分からはしゃべらない。あまりに手抜きなので、女子アナ通の間でも〝ダルアナ〟なんて呼ばれている。まだ入社2年目なのに〝これでいいや〟的にぬるま湯に浸かっている感じなのです」(女子アナライター)

彼女は父親がアメフトの有名指導者。また一時期、『乃木坂46』に在籍していたが、あまりパッとしなかった。

「たとえコネでも、入ってから頑張ればいい。ただ斎藤アナを見ていると、ヤル気&向上心ゼロ。同僚アナも怒り心頭。最近、週刊誌に、いい人見つけた後はサヨナラの『腰掛けアナ』とまで書かれています。局も彼女のことを問題視。夏前に番組を降板させ、研修アナ待遇に落とすという話です。指導先輩は、バリ強気で斎藤アナを嫌う弘中綾香アナが担当するともっぱら。弘中アナは相当に息巻いているようです」(同・ライター)

女子アナ世界に限らず、やはりヤル気は大切だ。