J&Jワクチン、一両日中に米接種開始 変異株向けも開発中=CEO

©ロイター

[1日 ロイター] - 米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のゴースキー最高経営責任者(CEO)は1日、J&J製の新型コロナウイルスワクチンの国内での接種が向こう24─48時間以内に開始されると述べた。

米疾病対策センター(CDC)の予防接種諮問委員会(ACIP)は2月28日、J&Jのワクチンの18歳以上への一般的使用勧告を全会一致で承認。米食品医薬品局(FDA)は前日に同ワクチンの緊急使用を許可しており、これで接種開始に向けた規制上の手続きが完了した。

ゴースキー氏はNBCニュースに対し「向こう24─48時間以内に接種が開始できる」とし、「速く接種を進めれば進めるほど、変異株の出現を抑えられる」と述べた。

その上で、南アフリカやブラジルなどで実施した臨床試験(治験)の結果に基づくと、J&Jのワクチンは新たに出現しつつある変異株にも有効であると確信しているが、南アの変異株に標的を絞ったワクチンの開発も進めており、夏までに後期治験を開始すると明らかにした。