【タイ】HIS、日系アウトドア用品の旗艦店を開業[商業]

©株式会社NNA

サイアム高島屋3階にオープンしたロゴス旗艦店=1日、タイ・バンコク(HISツアーズ提供)

エイチ・アイ・エス(HIS)のタイ法人のHISツアーズは1日、アウトドア総合メーカーのロゴスコーポレーション(大阪市)と、タイにおける同社アウトドア用品の輸入・流通開拓・店舗運営に関する契約を結んだと発表した。同日に首都バンコクの大型複合施設にロゴス商品を取り扱う旗艦店をオープンした。

店舗は、チャオプラヤー川沿いで運営する大型複合施設「アイコンサイアム」内にあるサイアム高島屋3階に出店した。売場面積は約72平方メートル。ロゴスコーポレーションが展開するアウトドアブランド「LOGOS」のテントやハンモック、寝袋、アウトドア用のいす・テーブルなどを取り扱う。他の商業施設にも出店を模索しているが、2号店以降の計画は現在のところ未定という。

また、アウトドア用品の流通・販売と並行して、グランピング施設(キャンプ用品や食材・食事などがあらかじめ用意されているキャンプ施設)の運営やキャンピングカーの販売・レンタル事業も手掛けていく計画だ。HISツアーズの担当者は、NNAに対し「グランピング施設にはロゴス製品を設置し、実際に利用してもらうことで販促につなげ、タイにおけるアウトドア文化のムーブメントを起こしたい」との意気込みを示した。

HISツアーズは、新型コロナウイルス感染症の流行により、海外旅行に行けない状況下で、タイの旅行形態にも変化が起きていると指摘。国内旅行をより深く楽しもうとする風潮が高まり、自動車やバイクで出掛ける近郊旅行が主流となり、観光スポットをメインとしたキャンプやハイキング需要が増えているという。