児童ポルノ所持 3曹を停職20日 海自佐世保

©株式会社長崎新聞社

 海上自衛隊佐世保地方総監部は1日、児童ポルノの動画データを所持したとして、護衛艦「さわぎり」の男性3等海曹(26)を同日付で停職20日の懲戒処分にしたと発表した。
 同総監部によると、3曹は2014年ごろから20年3月ごろまでの間、児童ポルノの動画データを自宅で所持していた。児童ポルノ販売サイトの顧客名簿を押収した警視庁が同年3月、名簿に3曹の名前があったことを海自佐世保地方警務隊に連絡して発覚した。3曹は逮捕はされていないが、任意で警察から事情聴取を受けたという。同総監部は刑事処分の内容などを明らかにしていない。
 3曹は「興味本位による私的な欲望を満たすために購入し、所持した」と話しているという。同艦長の加倉井善明2等海佐は「隊員がこのような規律違反を起こし申し訳ない。服務指導教育をさらに徹底し、同種事案の再発防止に努める」とコメントを出した。