「奨学金」が「将来の借金」になると思うと不安…利用する上での注意点は? “お金のプロ”が解説

©ジグノシステムジャパン株式会社

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。暮らしとお金の情報サイト「家計見直しナビ」 とタッグを組んで、お金や保険のプロに“家計のお悩み”を相談し、日常生活におけるお金にまつわる豆知識を学ぶコーナー「家計見直しナビ presents おさいふ相談室」。2月26日(金)の放送は、ファイナンシャルプランナーの飯村久美さんがリスナーの質問に答えました。

※写真はイメージです

<リスナーの相談>
長男が今年の4月から大学生になります。 我が家には次男(高2)もいるので、これからしばらく学費がかかり、かなり家計の負担になると予想しています。日本学生支援機構の奨学金の貸与を考えていますが、将来、子どもの借金になると思うと不安です。奨学金について詳しく教えてください(東京都 パート・アルバイト 49歳 女性)。

住吉:今や多くの大学生が奨学金を利用しています。その一方で、返済が大変だという話も聞きますが、実際のところどうなのでしょうか?

◆奨学金…現在の日本での利用状況は?

飯村:まずはご長男の大学進学、おめでとうございます!

◆奨学金とは?
経済的な理由で進学するのが難しい学生に向けて、学費を支給したり貸したりする制度です。国(日本学生支援機構)や自治体、大学など、さまざまな奨学金制度があります。多くの場合、学生本人の学力や保護者の所得制限など条件があります。「平成30年度 学生生活調査」によると、奨学金を受給している大学生の割合は47.5%です。

◆日本学生支援機構の奨学金(貸与型・給付型)の場合

まず、将来、返済の義務がある「貸与型」には2種類あります。

【貸与型】
・第一種奨学金……利息がつかず元金だけを返す貸与型奨学金(成績が優秀であることなどが条件)。
・第二種奨学金……利息がかかる貸与型奨学金。
※第一種と第二種の比率は「1:2.5」です。

また、2020年4月からは、授業料や入学金が免除または減額される「給付型」の奨学金もスタートしました。

【給付型】
・授業料や入学金が免除または減額されます。

◆奨学金を利用する上での注意点は?

飯村:多くの学生が利用している奨学金制度ですが、返済義務のあるものは、社会人になってからしっかりと返していかなければなりません。社会人になりたての決して多くないお給料から、毎月数万円を十数年にわたって返していく暮らしが続いていきます。

奨学金を返済している方のアンケートを見ると、奨学金の返済を負担に感じている人は「半数」を超えています。また、返済が滞っている人のなかには、奨学金を申し込むときに学生本人ではなく親が手続きをおこなったり、返済義務の存在を知らなかった……という学生もいました。

お子さんと話し合って、無理なく返せるようなプランを立てることが必要です。万が一、返済が厳しい場合には、返済期限の猶予を申し出ることも可能です。

住吉:なるほど。日本学生支援機構がおこなっている「奨学金の返済者に関する属性調査結果」によると、「返済が一度でも滞ったことのある人」のうち、「奨学金の返済が負担になっていると感じている人」は「86%」を占めているそうです。親御さんがお子さんに十分な説明をしないで手続きを進めてしまったり、仕組みをきちんと理解しないまま申し込んでしまうこともあると思います。いずれにせよ、お子さん本人とよく話し合って決めることが大事ですね。


▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限:2021年3月6日(土)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。


<番組概要>
番組名:Blue Ocean
放送日時 :毎週月~金曜9:00~11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/bo/
特設サイト:https://www.kakeinavi.jp/blue-ocean/