ACL、今季は日本テレビ系列で放送行わず。新型コロナ感染拡大の影響で…

©フットボール・トライブ株式会社

AFCチャンピオンズリーグ 写真提供: Gettyimages

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2021の放送が日本国内で行われるかどうか不透明になっていることが多くの話題を呼んでいる。

今季のACLには昨季J1リーグ優勝を成し遂げた川崎フロンターレや2位のガンバ大阪、3位の名古屋グランパスがグループステージから参戦するほか、4位のセレッソ大阪が4月14日にプレーオフを戦う。また、グループステージの組み合わせは今年1月末の抽選会で決まっているほか、グループステージが一国集中開催であることもすでに決定しており、4月下旬から5月上旬にかけておよそ2週間で6試合を消化するというハードスケジュールになっている。

ACLは2013シーズンから日本テレビ系列で(日テレジータス)で8シーズンにわたり放送されてきた。しかし、日本テレビは今季のACLについて現時点では放送を行わない予定であることを公式発表している。

なお、日本国内では今季のUEFAチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグのグループステージが配信されなかったものの、決勝トーナメントについては今年1月にWOWOWが放映権を取得したことを発表している。ACLについては新型コロナウイルス感染拡大により例年とは異なる開催日程になったことが多方面で影響を及ぼしている格好だ。