【ベトナム】ドンナイ省、企業の労働力不足4万人[経済]

©株式会社NNA

ベトナム南部ドンナイ省の労働・傷病軍人・社会事業局は、同省内でテト(旧正月)の休暇以降に約4万人の労働力が不足していると発表した。サイゴンザイフォン電子版が1日に伝えた。

中でも、ロンカイン工業団地にある台湾の食器洗浄機メーカー、プロウェル・ベトナムは生産拡大のため、現在いる5,000人の従業員に加えて、新たに3,000人以上の追加雇用を必要としている。

企業は労働力を確保するために給与増額やボーナス支給が求められる。例えば、ニョンチャック工業団地に拠点を置く韓国の中堅財閥、暁星(ヒョースン)ベトナムは人材確保のため、初任給を240万ドン(約105米ドル、約11,000円)とし、同社で親族を働かせる従業員に対してはボーナスとして80万ドンを支給することを従業員側に提案した。

同省の労働・傷病軍人・社会事業局は、企業の雇用難を支援するための雇用フェアを開催した。