ウイリアムズF1、新マシン発表時にARを使用した演出を実施。『FW43B』実物大3Dモデルを投影可能に

©株式会社サンズ

 ウイリアムズ・レーシングは、今週予定されている2021年型マシン『FW43B』のオンライン発表会において、F1のファンに楽しんでもらうため、AR(拡張現実)の技術を使った斬新な演出を施すと発表した。

『FW43B』は、3月5日(金)午後2時GMT(日本時間5日午後11時)にベールを脱ぐ。新型コロナウイルス感染症に伴う移動制限とソーシャルディスタンス確保の要請を踏まえて、他の全チームと同様、今年の発表会はオンラインで行われる。

 しかし、ウイリアムズはバーチャルな発表会に命を吹き込む新たな方法を導入して、ライバルたちよりも優位に立ちたいと考えてきた。チームのプレスリリースには「世界中のファンが、FW43Bの実物大3Dモデルを自宅に投影できる専用のアプリを使って、新しいカラーリングを施したマシンを初めて目にする」ことを約束すると記されている。

 今回のため特別に開発された『Williams Racing AR Launch 2021』アプリは、すでにアップルのApp Storeから入手可能で、アンドロイド端末版も近いうちに提供が始まる予定だという。このアプリをダウンロードしたユーザーには、発表日にプッシュ通知が送られて、コンテンツの視聴が可能になったことが告知される。

 ARの発表が済んだ後、ウイリアムズは通常と同様の記者会見を実施する。チームカラーを身につけた新CEOのヨースト・カピートが初めてチーム代表のサイモン・ロバーツと並んで登壇する予定だ。さらに、2020年と同じラインナップで2シーズン目を迎えるジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィが加わる。

 ウイリアムズは、2020年シーズンには前年と比べてかなり良い戦いを見せて、ハースやアルファロメオといったライバルたちとの差を縮めたものの、結果的にチームの長い歴史上初めて、年間を通して1ポイントも獲得できないまま終わってしまった。なお、ラッセルはルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスから参戦したF1第16戦サクヒールGPで9位に入ったほか、ファステストラップも記録して、個人としては3ポイントを獲得した。

 FW43Bは、ウイリアムズ家が保有していた株式をアメリカの民間投資会社『ドリルトン・キャピタル』に売却した後、チームが新たな経営陣のもとで開発した最初のマシンとなる。

 チームは、すでに2月にイギリスのシルバーストンで新車のシェイクダウンを終えているが、その際の写真や映像は、公式発表までの間すべて厳重に秘匿される。シェイクダウンは順調に進み、ラッセル、ラティフィともに想定通りプログラムを完了した模様だ。ただしテストに関するF1の厳格な規制に従って、ピレリのデモンストレーション用タイヤを使っての走行は距離が100kmに制限された。

 ウイリアムズがFW43Bの公式発表を終えると、バーレーンのプレシーズンテストを1週間後に控えて、まだ新マシンの発表を行っていないチームはフェラーリだけとなる。ハースはウイリアムズより1日早い3月4日(木)に新車『VF-21』のカラーリングを発表する予定だが、実車の公開はプレシーズンテスト時になるだろう。

ウイリアムズF1、2021年型『FW43B』のシェイクダウンを実施:ジョージ・ラッセル
ウイリアムズF1、2021年型『FW43B』のシェイクダウンを実施:ニコラス・ラティフィ