和田雅成&朝比奈彩、大人向け特撮ドラマ『ガールガンレディ』出演決定

©ブロードメディア株式会社

ドラマ『ガールガンレディ』に出演する和田雅成、朝比奈彩(C)「ガールガンレディ」製作委員会・MBS/BSP

女優の白石聖が主演する4月6日スタートのドラマ『ガールガンレディ』(MBS、TBS)の追加キャストとして、俳優の和田雅成と女優の朝比奈彩の出演が発表された。2人は主人公・小春の通う女子校の教師役を務める。

本作は、女子高生たちがパラレルワールドの学校を舞台に、ドラマのキーアイテムとなるプラモデルの銃を使って“生き残りをかけたバトル”を行う大人向け特撮ドラマ。原案をBANDAI SPIRITS、企画をADKエモーションズが担当する。

主人公は、学校で居場所を見いだせない地味な女子高生・小春(白石)。彼女の唯一の趣味はプラモデルを作ること。ある日、学校帰りに立ち寄った不可思議な骨とう屋で、店長に勧められ「銃」のプラモデルと「アリス」という名前のプラモデルを購入する。夢中になって組み立てたその日の夜。目が覚めると彼女は、銃弾が飛び交う学校にいた。目の前には、小春が組み立てたプラモデルの「アリス」(大原優乃)がまるで人間のように動いてプラモデルの「銃」を手渡し、小春に戦いの始まりを告げる。その名も「ガールガンファイト」。それは、銃で同級生を撃たなくては生き残れない、壮絶な悪夢の始まりだった…。

和田が演じるのは、小春にある影響をもたらす保健室の先生・守山薫。プラモデル作りに人生を捧げており、プラモデルの作品で賞をとれるほど完成度も高い。

和田は「今回のドラマ、女優の皆様の戦う姿が本当にカッコ良いです。全力で向き合い、成し遂げようとする姿。是非、見届けてください。自分も保健室の先生として生徒達の活躍を楽しみにしております」とコメントしている。

朝比奈が演じるのは、小春たちの担任教師・星宮美麗。生徒のことをよく考えていてクラスの女子からも人気が高い。生徒から頼られると断れないところがあり、クラスで浮いている小春を心配している。夏菜が所属する陸上部の顧問でもある。

朝比奈は「はじめて先生役を演じて、担任教師という目線から生徒たちを陰ながら応援していく中で、逆に学生時代を思い出しました。みんなに頼られるような大人の女性を演じられていたら嬉しいです」と話している。

ドラマイズム『ガールガンレディ』は、4月6日より、MBSにて毎週火曜24時59分、TBSにて同25時28分(初回のみ25時30分)放送。