最高視聴率19.1%! 韓国で社会現象にもなった話題作『ストーブリーグ』上陸

©ブロードメディア株式会社

『ストーブリーグ』3月3日(水)よりTSUTAYA先行でDVDレンタル開始/3月24日(水)よりDVD発売(C)SBS  発売・レンタル販売元:PLAN Kエンタテインメント セル販売元:ハピネット・メディアマーケティング

ナムグン・ミンパク・ウンビンが主演を務め、野球経験ゼロのGMが最下位球団をたてなおす姿を描いたドラマ『ストーブリーグ』のDVDが本日(3月3日)よりレンタル開始となった。

ジャンルを問わず活躍し、日本でも人気を誇るナムグン・ミン(『恋のトリセツ~フンナムとジョンウムの恋愛日誌~』など)が野球経験ゼロのGMペク・スンスを務め、子役出身で演技力に定評があるパク・ウンビン(『法廷プリンス‐イ判サ判‐』など)が球団のために奔走する運営チーム長のイ・セヨンを好演した本作。

毎回予想を覆す展開と出演者たちの光る名演技で、第1話で5.5%ほどだった視聴率は見る見るうちに上昇し、最終話では驚異の19.1%を記録。一桁を記録することも少なくない地上波ドラマで異例の快挙を成し遂げた。そして、ドラマ関連グッズも制作され人気を博すなど社会現象に。「第56回百想芸術大賞」ではテレビ部門ドラマ作品賞、「ソウルドラマアワーズ2020」では韓流ドラマ優秀作品賞を受賞した。

本作で主に描かれるのは、“選手”ではなく、GMをはじめ球団を運営する“会社スタッフ”たち。手に汗握る交渉や戦略は見ごたえ十分で、困難を打破した時の爽快感も見どころの一つだ。

また、仕事以外に抱える悩みや家族問題の描写にも共感できる点が多く、彼らの頑張りに「勇気づけられる」という声も多数あがっており、野球好きじゃなくても楽しめる作品となっている。

韓国ドラマ『ストーブリーグ』3月3日(水)よりTSUTAYA先行でDVDレンタル開始。3月24日(水)よりDVD発売。