中国国家航天局、「天問1号」が撮影した火星の画像3枚を公開

©新華社

中国国家航天局、「天問1号」が撮影した火星の画像3枚を公開

 「天問1号」が捉えた火星のカラー画像。(北京=新華社配信)

 【新華社北京3月4日】中国国家航天局は4日、中国初の火星探査機「天問1号」が撮影した火星の画像3枚を公開した。内訳はフルカラー画像2枚とカラー画像1枚。フルカラー画像は高解像度カメラが火星表面から約330キロから350キロの高度で撮影したもので、解像度は約0.7メートル。画像内に火星表面の小型クレーター、尾根、砂丘などの地形がはっきりと写っている。測算によると、最大クレーターの直径は約620メートル。カラー画像は中解像度のカメラで火星の北極領域を撮影したものとなっている。

中国国家航天局、「天問1号」が撮影した火星の画像3枚を公開

 「天問1号」が捉えた火星のフルカラー画像。(北京=新華社配信)

中国国家航天局、「天問1号」が撮影した火星の画像3枚を公開

 「天問1号」が捉えた火星のフルカラー画像。(北京=新華社配信)