【新日本】オカダが2冠統一の飯伏を〝邪神〟扱い「IWGP世界ヘビー級、クソダセえよ」

©株式会社東京スポーツ新聞社

鷹木(左)と激しい攻防を繰り広げたオカダ

新日本プロレス4日の日本武道館大会で、オカダ・カズチカ(33)が新設された「IWGP世界ヘビー級王座」を一刀両断した。

オカダはこの日、「NEW JAPAN CUP」1回戦(6日、大田区)で対戦する鷹木信悟(38)との前哨戦となる6人タッグ戦に出場。腰にテーピングを巻きながらも、一歩も引かないエルボー合戦を繰り広げるなど優勝候補対決へ闘志を燃やした。

NJC優勝者には4月4日両国国技館大会でIWGP世界ヘビー級王者・飯伏幸太(38)への挑戦権が与えられる。IWGPヘビー級王座とIWGPインターコンチネンタル王座を統一し王座が新設されることに関しては賛否が巻き起こっており、オカダの発言にも注目が集まっていた。

試合後、オカダは「率直に言わせてもらうと、あそこにいないからこそ、もう僕は何も言う権利はないと思うのでNJCで勝って、またそちらに進んでいきたいと思います」と吐露。

それでも「まあこれはプロレスラー〝レインメーカー〟オカダ・カズチカとしての意見」とした上で「ただプロレスが好きな33歳のオッサンから言わせてもらうと『神だ、神だ』と思っていた人間がとんだ邪神でしたね。IWGP世界ヘビー級、クソダセえよ、この野郎!」。「神」を自称した現王者・飯伏と、新設王座の名称に不快感をあらわにした。

一方で昨年のG1クライマックス公式戦でオカダに敗れている鷹木は雪辱に意欲。「中途半端に出してるレインメーカー、しっかり俺にも食らわせてくえりょ。俺のパンピングボンバーが上か、お前のレインメーカーが上か、どっちかハッキリさせようぜ」と宣戦布告していた。