シビック・タイプRで戦うTeam Noahがスーパー耐久へ復帰。2021年シーズンの参戦体制を発表

©株式会社サンズ

 九州を拠点に活動するレーシングチーム、Team Noahが3月4日、2021年の『スーパー耐久シリーズ 2021 Powered by Hankook』への参戦体制を発表した。

 2018年に『九州に元気を!モータースポーツにもっとワクワクを!』を合言葉に発足したTeam Noah。結成初年度からスーパー耐久シリーズのST-TCRクラスにアウディRS3 LMSで参戦し、2018年第3戦富士SUPER TEC 24時間レースでは、初の24時間レース挑戦にも関わらずノートラブル、ノーペナルティで683周を走破し、ST-TCRクラス初優勝を獲得した。

 2019年はホンダ・シビック・タイプR・TCRにマシンをスイッチ、2020年はスーパー耐久への参戦はなかったものの、今季はホンダ・シビック・タイプR・TCRとともに1年ぶりにスーパー耐久 ST-TCRクラスに全戦出場を計画している。

 チームオーナーは自らもステアリングを握る清瀧雄二、エントラント代表兼監督の川野隆晴氏、メンテナンスはNoah Garageという体制は2019年シーズンと変わらず。

 ドライバーは、2019年シーズンもステアリングを握った塚田利郎、蘇武喜和、清瀧雄二、芳賀邦行、和田慎吾に加え、昨シーズンST-5クラスを戦った霜野誠友、谷岡力、そしてスーパー耐久初参戦となる20歳、久保正孝が新たにチームに加入している。

 また、Team Noahは「モータースポーツ初心者にも楽しんでいただけるイベント(ドライビングレッスン)を開催し、モータースポーツの力で九州を盛り上げるプロジェクトを継続していく予定です」

「昨年から車両をホンダ・シビック・タイプR・TCRへとマシンを替え、更に上位をめざしチーム一丸となり、2021年シリーズを頑張ってまいります。一歩一歩確実に前へ進むTeam Noahをどうぞよろしくお願い致します」としている。

■Team Noah 2021年 参戦概要

参戦カテゴリー:スーパー耐久シリーズ 2021 Powered by Hankook
チーム名:Team Noah
エントラント:Team Noah
カーナンバー:75
クラス:ST-TCR
チームオーナー:清瀧雄二
エントラント代表/監督:川野隆晴
マシン名:おとぎの国 CIVIC TCR
メンテナンス:Noah Garage
ドライバー:塚田利郎/蘇武喜和/霜野誠友/清瀧雄二/芳賀邦行/和田慎吾/谷岡力/久保正孝

ST-TCRクラス 75号車 おとぎの国 CIVIC TCR