性別の壁を乗り越えようとする主人公たちの姿を描く3本の感動作がこの春連続公開

©株式会社近代映画社

この春、性別の壁や偏見の目を乗り越えようとする主人公たちの姿を描いた映画が3本連続公開される。いずれも、周囲の無理解や嫌がらせに負けず、信念を貫き、ひたむきに目標に向かって突き進む主人公たちの姿に心を揺さぶられる作品だ。

サッカー大国フランスからやってきた『クイーンズ・オブ・フィールド』

1本目は、3月19日(金)より公開される『クイーンズ・オブ・フィールド』。崖っぷちサッカーチームと町のピンチを救うため、ダメな男たちの代わりに女性が立ち上がるハートフルコメディだ。

物語の舞台はサッカーが盛んな町、北フランス・クルリエール。90年の伝統を誇る名門チームSPACの試合中にまさかの乱闘騒ぎが起き、なんと主要メンバーの男性たちが出場停止となってしまう。このままでは残りのリーグが戦えずにチームは崩壊、町にも大打撃が訪れてしまう。。。

そんな彼らの窮地を救ったのは女性たちだった。チームを、そして町全体を救うために専業主婦、シングルマザー、セレブ妻、女子高生たちも次々と立ち上がった。今までサッカーは見る専門だった彼女たち。家事や育児に代わりサッカーを始める事になった彼女たちに待っていたものとは…?

クイーンズ・オブ・フィールド
2021年3/19(金)公開
配給:イオンエンターテイメント
© 2019 ADNP – KISSFILMS – GAUMONT – TF1 FILMS PRODUCTION – 14EME ART PRODUCTION – PANACHE PRODUCTIONS – LA COMPAGNIE CINÉMATOGRAPHIQUE

『梨泰院クラス』で大ブレークしたイ・ジュヨン主演の『野球少女』

2本目は、3月5日(金)公開の『野球少女』。日本でも人気が爆発した『梨泰院クラス』で大ブレークした次世代スター、イ・ジュヨンが主演を務める。

イ・ジュヨンが演じるのは、青春の日々をすべて野球に捧げ、天才野球少女と称えられてきたチュ・スイン。高校卒業を控えたスインは、プロ野球選手になる夢をかなえようとするが、女子という理由でテストさえ受けさせてもらえない。母や友だち、野球部の監督からも、夢を諦めて現実を見るようにと忠告されてしまう。

「わたしにも分らないわたしの未来が、なぜ他人に分かるのか」自分を信じて突き進むスインの姿に、新しく就任したコーチ、チェ・ジンテ(イ・ジュニョク)が心を動かされる。同じくプロになる夢に破れたジンテは、スインをスカウトの目に留まらせるための作戦を練り、特訓を開始する。次々と立ちふさがる壁を乗り越えたスインは、遂にテストを受けるチャンスを掴む──。

40日間のトレーニングを受け、すべてのシーンをスタントなしで演じたというイ・ジュヨンの熱演に注目だ。

野球少女
2021年3/5(金)公開
配給:ロングライド
©2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

夢を諦めない主人公を描く『MISS ミス・フランスになりたい!』

3本目は現在公開中の『MISS ミス・フランスになりたい!』。フランスで“ボーダーレスな美女男子モデル”として活躍しているアレクサンドル・ヴェテールの主演作だ。

主人公は、学校で「ミス・フランスになりたい」という自分の夢を発表した9歳の美少年アレックス。クラスメイトから冷やかされてその夢を封印。さらに両親を事故で失い自分を取り戻せなくなって青年になった彼は、夢を叶えた幼馴染のエリアスと偶然再会。エリアスに触発され、忘れかけていた自分の夢に向かって進むことを決意する。それは、男性であることを隠しながら「ミス・フランス」コンテストに臨む、という自分自身を取り戻すための挑戦でもあった…。

殻を破って内面を磨くことが真の美しさへの一歩であることだと知り、きらびやかなコンテストの中で成長していく主人公の姿が胸を打つ。本物の「ミス・フランス実行委員会」と提携し、美しく華やいだ衣装や厳しい選考の内幕なども見どころとなっている。

MISS ミス・フランスになりたい
2/26(金)より公開中
配給:彩プロ
© 2020 ZAZI FILMS – CHAPKA FILMS – FRANCE 2 CINEMA – MARVELOUS PRODUCTIONS