『華麗なる一族』劇中カット解禁 万俵家&阪神銀行の豪華セットにも注目

©ブロードメディア株式会社

『連続ドラマW 華麗なる一族』第2話より大介(阪神銀行頭取室)(C)WOWOW

俳優の中井貴一が主演を務める4月18日スタートの『連続ドラマW 華麗なる一族』(WOWOWプライム/毎週日曜22時)より、劇中カットが解禁。豪華な美術を施したセットで、中井のほか向井理や藤ヶ谷太輔ら多彩なキャスト陣が、重厚な演技を見せる場面を収めている。

作家・山崎豊子の同名小説をドラマ化する本作は、大阪万博を間近に控えた日本の高度経済成長期、富と権力獲得の手段として、関西の政財界で閨閥(けいばつ)を張り巡らす阪神銀行の頭取・万俵大介(中井)を中心に、一族の繁栄と崩壊を描く。監督は、映画『劇場版コード・ブルー‐ドクターヘリ緊急救命‐』などを手掛けた西浦正記。脚本は前川洋一が手掛ける。

主人公・万俵大介役を中井、その長男・鉄平役を向井、次男・銀平役を藤ヶ谷が、それぞれ務める。大介の愛人・高須相子役に内田有紀、大介の妻・寧子役には麻生祐未。大介の長女・美馬一子役を美村里江、次女・万俵二子役を松本穂香、三女・万俵三子役を福本莉子が演じる。

そのほか、関西財界の重鎮の令嬢で銀平との縁談を受ける安田万樹子役を吉岡里帆、元通産大臣の娘で鉄平の妻・万俵早苗役を笹本玲奈、大蔵省に勤める一子の夫の美馬中役を要潤。さらに、石坂浩二、高嶋政伸、石黒賢、加藤雅也、工藤阿須加、田中麗奈、萬田久子、新川優愛、宮田俊哉(Kis‐My‐Ft2)、俳優の六角精児、温水洋一らも出演する。

今回解禁されたのは、“万俵家”のダイニング、リビング、書斎と“阪神銀行頭取室”でのシーンを捉えた場面写真5点。1点目は、阪神銀行の頭取室で銀行の生き残りをかけた戦いに挑む大介(中井)。2点目は、万平家で情熱的な兄・鉄平(向井)と冷静な弟・銀平(藤ヶ谷)が向き合う場面。3点目は、万平家で寧子(麻生)と相子(内田)が同じソファに座り、妻妾のいびつな関係をにじませる場面。そのほか4点目は、万平家で大介、寧子、二子(松本)、三子(福本)、相子が顔をそろえた場面、5点目は、阪神銀行頭取室に大介と阪神銀行社員が集まっている場面を収めている。

同場面でのセットは、『連続ドラマW 沈まぬ太陽』『連続ドラマW 監査役 野崎修平』も手掛けた江口亮太が、原作の重厚感や時代考証を第一に考えて制作。出演陣の熱演に加え、その豪華な美術もみどころとなる場面だ。

なお本作の放送に先駆け、プロモーション特番『原作 山崎豊子「連続ドラマW 華麗なる一族」徹底ガイド』が、3月6日22時30分、3月21日21時、 3月28日23時30分より無料放送されるほか、WOWOWオンデマンドにて配信されることが決定。特番では、ストーリーや原作の紹介、キャスト(中井、向井、藤ヶ谷、吉岡、松本、要、美村、笹本、福本、麻生、内田)インタビューのほか、スタッフへのインタビュー(西浦正記監督、衣裳・宮本まさ江、美術・江口亮太など)を通して、美術セット、ロケーション、衣裳・ヘアメイクなどの見どころにも迫っていく。

『連続ドラマW 華麗なる一族』は、WOWOWプライムにて4月18日より毎週日曜22時放送。全12話(第1話無料放送)。